どうして住宅ローンが通らないのか?

職業が原因の場合

職業が原因の場合

住宅ローンの返済は長期に及びますから、安定性に優れている仕事に就いていることが好都合です。

 

住宅ローンの審査を行うときに、職業については重要な基準となります。

 

審査に通らない職業も決まっていますので、きちんと確認しておきましょう。

 

審査をパスできる職業などについては、金融機関ごとに異なります。

 

どういった金融機関であっても、不安定さのない年収が得られるということが条件であるのは当然です。

 

とは言っても、正社員以外の派遣社員や契約社員については、審査の対象になりやすいようです。

 

なお、アルバイトやパートタイマー、無職ということなら、住宅ローンの審査に通らないと考えた方が良いでしょう。

 

自営業というのも審査に通らない事例が多々あるようです。

 

サラリーマンなど給与所得の人よりは、安定した収入が長期で見込めるかという点で不利だと判断されるのです。

 

住宅ローンの申請に自営業者が臨むケースでは、今までの3年間分にあたる確定申告書と納税証明書を求められます。

 

収入が安定していることを明確にするためには重要なので、経営状態が安定している時に申し込みましょう。

 

住宅ローン審査に通らないのが普通と言われる職業に就いていたとしても、良い方法を模索することで承認を得られる望みが高まるでしょう。

 

貯蓄を行い多くの貯金額を作っておくことや、頭金の占める割合を大きくすることは一般的な対策です。

 

他にも、審査の前になくすことが可能なローンがあるなら、完済を果たしてローン残高を可能な限り減らしましょう。

 

クレジットカードは利用しているものを除いて解約をし、キャッシング枠を減らすことを心がけると良いでしょう。

 

職業などの条件が満たせないような状態でも望みはありますので、打開策がないか検討しましょう。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ