どうして住宅ローンが通らないのか?

健康的なことが原因の場合

健康的なことが原因の場合

思わしくない健康状態だと捉えられると、住宅ローンの審査は通らないことになってしまいます。

 

返済が長期間になりますので、そのために必要な体の状態かどうかをチェックされるワケです。

 

住宅ローンを申し込む際には、団体信用生命保険に入っておくことが前提になります。

 

団体信用生命保険に入っていなくても住宅ローンを組んでくれる金融機関も一部ありますが、ごく稀です。

 

団体信用生命保険という保険は、住宅ローンの支払いが続いている間に契約を締結した本人が高度障害や亡くなるなどの状態になった場合に、ローン残高を相殺してくれるというものです。

 

本人に代わって全額を支払ってもらえるので、ローン残高については心配がいりません。

 

住宅ローンを取り扱う金融機関にとっても、支払いがされなくなる心配がないため安全であるというわけです。

 

団体信用生命保険は、複数の加入条件が存在します。

 

その中で、過去3年以内のあいだに手術や2週間以上医師による治療や投薬が行われたことがある人や、障害の有無などの判断基準があります。

 

それから、今まで3ヶ月以内に医師の治療や投薬をされているとすれば、その件も判断の一部になります。

 

こういったケースについては団体信用生命保険を契約することができず、連想して審査に通らない可能性もあります。

 

それでも、住宅ローンの申込者が高齢の場合もあることから、昨今は病気保障付きの住宅ローンも提供されています。

 

団体信用生命保険の契約ができず住宅ローン審査に通らない際にも、他の方法を模索することによって状況を打開できる可能性があります。

 

なお、連帯保証人が存在することにより審査で承認を得られることもあります。

 

住宅ローン審査の基準をやさしくしている金融機関もなくはないので、リサーチを行いましょう。


関連サイト

フラット35つなぎ融資おすすめは?金利比較【楽天銀行どう?】

お金が必要なときに自己資金で賄える範囲であれば問題ありませんが、実行前に自己資金を超える金額を支払わなければならないときには、何らかの手段でお金を用意しなければなりません。そこでよく利用されるものが、つなぎ融資とよばれるごく短期間のローンです。
一時的に借りるお金とはいえ、金利もしっかりチェックして申し込みしましょう。
xn--t8jhqxa6dwbd5s6663fs9la.com/

 

 


健康的なことが原因の場合関連ページ

職業が原因の場合
物件的な理由が原因の場合

ホーム RSS購読 サイトマップ