どうして住宅ローンが通らないのか?

物件的な理由が原因の場合

物件的な理由が原因の場合

住宅ローン審査はローンを申し込んだ人のみではなく、中古の購入物件や新築物件なども実施対象となっています。

 

住宅ローンの審査ができるのは、市街化区域に建設された戸建てまたはマンションと決まっています。

 

それ以外の物件というのはローンの審査が通らないという認識は間違いで、住宅ローンの対象に含まれていないというワケなのです。

 

市街化区域に含まれない区域というのは、市街化調整区域という呼称になっています。

 

山林地帯や農地が市街化調整区域に当てはまり、この区域には建物は建てられない決まりになっています。

 

また建築基準法などの法律を遵守していない物件は、住宅ローンの審査に通らない物件となります。

 

建築基準法においては、建ぺい率や空き地確保などに関係する決まりなどが色々と盛り込まれています。

 

一般の人には把握しきれないような部分もありますから、詳しい人に相談してみてください。

 

住宅ローンが適用になる中古物件もありますが、審査基準があいまいで提供する金融機関によって色々です。

 

新築か中古かで金額や返済期間、そして金利などに差別化されていることがあります。

 

中古物件だと希望する額ではローンの審査が通らない危険もありますので、よく確認しておきましょう。

 

住宅ローンの取り扱い金融機関は多いのですが、住宅ローン融資の定義が違うので幾つか調べてみることをお勧めします。

 

申し込まなくても審査をクリアできそうか分かることもあります。

 

店舗用の新築物件・競売物件・土地だけの購入資金の場合や、借地権の設定されている土地に建つ物件・リフォーム物件であれば審査が通らないこともあります。

 

 

借りられるかシュミレーションしてみましょう!

住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】
住宅ローンに申し込んで審査で落ちてしまわないように、事前に必ずシュミレーションをしてみましょう。また、同じ金融機関でも金利タイプによって返済状況が変わってきます。シュミレーションを活用して貴方にベストな住宅ローンを見つけてください。
www.interuser.net/


物件的な理由が原因の場合関連ページ

健康的なことが原因の場合
職業が原因の場合

ホーム RSS購読 サイトマップ