どうして住宅ローンが通らないのか?

勤務状況が原因の場合

勤務状況が原因の場合

住宅ローンの審査が通らないのは、充分な返済能力がないと判定されるためです。

 

審査基準としては勤務状況が存在します。

 

勤務状況は、勤続年数、勤務先の大小、それから経営状態などを見て判断されるものです。

 

勤続年数については3年未満の場合、住宅ローンの審査が通らないことを予期すべきでしょう。

 

しかし近年の雇用状況から、他の審査基準を大きくクリアしている場合などに基準を下げてくれるという金融機関もあります。

 

充分な勤続年数がなくて住宅ローンの審査が通らないとすれば、外資系の金融機関を候補にする方法も視野に入れると良いでしょう。

 

転職に対する視点が国内企業と同様ではないからです。

 

日本の企業なら勤務する企業を変えず長く仕事をすることで信用を築くことが可能ですが、外資系の企業のケースでは転職イコールキャリアアップと判断されるのです。

 

自分の勤務状況に応じて、これらのうちどこの金融機関が好ましいのか検討しましょう。

 

職業や勤務先の企業の判断基準は明らかになっています。

 

一般に信頼されている弁護士・医師に次いで公務員・会社員の順番で審査で承認を得やすいと見られています。

 

会社員の中でも、役員か平社員かなどの社内の地位などで審査結果が変化します。

 

自営業者も収入が安定しているかという点で判断が厳しいので、住宅ローンの審査が通らない結論が出ることが多いと言われています。

 

それから、勤務先の大小も押さえておくべき判断基準です。

 

安定している企業であると判断される上場企業や、非上場企業でも有名な会社なら審査基準をクリアできる場合が多いでしょう。

 

勤務しているのが中小企業ということでしたら、安定性を欠いていない企業だと理解してもらうことが欠かせません。

 

仕事をしている企業の参考資料を用意することが要求されるかもしれません。

 

関連サイト

経営者住宅ローン審査に通るには?基準甘い銀行!【赤字会社の場合】
会社経営者の方は住宅ローン審査が厳しく借りにくいといわれています。住宅ローンを借りたい経営者の方に審査のコツや借りやすい住宅ローンのランキングなどを調査してご紹介しています!

 

 


勤務状況が原因の場合記事一覧

健康的なことが原因の場合

思わしくない健康状態だと捉えられると、住宅ローンの審査は通らないことになってしまいます。返済が長期間になりますので、そのために必要な体の状態かどうかをチェックされるワケです。住宅ローンを申し込む際には、団体信用生命保険に入っておくことが前提になります。団体信用生命保険に入っていなくても住宅ローンを組...

≫続きを読む

 

職業が原因の場合

住宅ローンの返済は長期に及びますから、安定性に優れている仕事に就いていることが好都合です。住宅ローンの審査を行うときに、職業については重要な基準となります。審査に通らない職業も決まっていますので、きちんと確認しておきましょう。審査をパスできる職業などについては、金融機関ごとに異なります。どういった金...

≫続きを読む

 

物件的な理由が原因の場合

住宅ローン審査はローンを申し込んだ人のみではなく、中古の購入物件や新築物件なども実施対象となっています。住宅ローンの審査ができるのは、市街化区域に建設された戸建てまたはマンションと決まっています。それ以外の物件というのはローンの審査が通らないという認識は間違いで、住宅ローンの対象に含まれていないとい...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ