どうして住宅ローンが通らないのか?

頭金が少ないことが原因の場合

頭金が少ないことが原因の場合

住宅ローンにおいて、望んだ金額で審査が通らない場合がよくあります。

 

金融機関により融資金額の限界を設けていますが、多くのところでは5000万円と言われています。

 

この融資金額を上回る金額を借りたいときには、自己資金が多いということが必要不可欠です。

 

大抵は、物件の評価額が基準になり融資上限額が決定されます。

 

物件評価額のうち8割程度が借りられる金額であると考えてください。

 

つまり残りの2割を頭金として用意できないと、住宅ローン審査に通らないかもしれないということです。

 

今では充分な自己資金を持たない借り入れ希望者にも、マックスの評価額で貸し付けをする金融機関も見られます。

 

ですが、頭金というのは実はことのほか力を発揮するのです。

 

頭金は借り入れ金額を少なくできるメリットがありますが、期間が経過するとありがたみが分かります。

 

例を挙げると物件を売る場合や住宅ローンの借り換えを実行する際に、頭金の効果が出てきます。

 

融資を受けた段階では売ったり借り換えをすることが視野に入っていなくとも、予想だにしない状況に陥るかもしれません。

 

売却や借り換えをしたいなら、頭金を設定しないと担保額がローンの残債より低くなってしまう危険があります。

 

その場合には、借り換え審査に通らない結論が出されますし、物件を売りに出しても残債を支払っていかなければなりません。

 

このような点を考慮すると、住宅ローンには頭金が重要なのがわかります。

 

多額の頭金になるほど、ローンの返済も楽ですし、変更を後でする際にもトラブルに見舞われにくくなります。

 

住宅ローンを長期固定金利で契約したいと望んでいるのでしたら、なるべく自己資金を多く集めておきましょう。

 

 


頭金が少ないことが原因の場合関連ページ

債務条件が原因の場合
担保物件が原因の場合

ホーム RSS購読 サイトマップ