どうして住宅ローンが通らないのか?

返済比率・返済負担率が原因の場合

返済比率・返済負担率が原因の場合

住宅ローンの審査で満たす必要がある基準に、返済比率・返済負担率があります。

 

意味としてはどちらも一緒で、住宅ローンの年間返済額が年間の収入と比較してどのぐらいのパーセンテージを示すのか算出したものです。

 

返済負担率の限度はせいぜい30%で、35%を超えてしまうと返済条件がクリアできず審査に通らない確率が高いとされています。

 

要注意となるのは、他のローン返済額も合わせて考えられる点です。

 

納得できない人もいるでしょうが、利用経験はなくとも、キャッシュカードに備わっているキャッシング枠も部分的にプラスされてしまうことがあります。

 

備わったキャッシング枠の5%がローンと捉えられてしまいますから、使ったためしのないようなカードを持っているなら、契約をやめるような対策を講じるべきでしょう。

 

返済負担率が仇となり住宅ローンの審査が通らない感じがしている場合には、対策を2種類挙げることができます。

 

年間返済額をカットする対策と、年収を増加させる方法です。

 

1つ目の年間の返済金額を減少させるには3種類提案することができます。

 

頭金を増額させる、返済期間を長期間にする、異なる返済方式にすることです。

 

頭金を増やすことで借り入れ金額を減額するのは、何より堅実な対策でしょう。

 

返済期間を長期間にして1年1年での返済金額を減らす方法は、返済すべき総額が増加するという弱点があります。

 

元金均等返済方式と元利均等返済方式を見比べたとき、出だしの10年の返済負担率は元利均等返済方式のほうが優遇されることになります。

 

年間収入を多くすることにより返済負担率を抑えるには、配偶者などが得ている収入を加えて計算することができます。

 

収入合算と呼んだり、夫婦合算と称される方法です。

 

返済負担率によって審査が通らないということは、非常に長いあいだ返済を行うことに対して信用度が低いということです。

 

基準を満たすのに疑念を抱いている人は、いくつかシミュレーションしてみましょう。

 

こちらのサイトも参考に!

三菱東京UFJ銀行住宅ローン!審査厳しい?【借り換えも人気】
三菱東京UFJ銀行の住宅ローンがおすすめです。銀行で受けられる住宅ローンでありながら、金利が低く対面式の相談会を実施しているなど、サービスもしっかりしています。
www.bank-homeloan-shinsa.com/


返済比率・返済負担率が原因の場合記事一覧

債務条件が原因の場合

用意されている条件に沿うことができなければ、住宅ローン審査は通らないでしょう。用意された条件の中で、債務条件については、すぐに対応できない厄介な条件です。幾つものローンを支払っているのでしたら、住宅ローンの返済金額と今の段階で契約しているローンとをトータルで検討します。他のローンが多くあると審査に通...

≫続きを読む

 

頭金が少ないことが原因の場合

住宅ローンにおいて、望んだ金額で審査が通らない場合がよくあります。金融機関により融資金額の限界を設けていますが、多くのところでは5000万円と言われています。この融資金額を上回る金額を借りたいときには、自己資金が多いということが必要不可欠です。大抵は、物件の評価額が基準になり融資上限額が決定されます...

≫続きを読む

 

担保物件が原因の場合

住宅ローン審査は基本的に担保を作らなくてはなりません。住宅ローンの担保としては、融資されたタイミングでその物件に抵当権が適用されることで成立します。抵当権がつけられた物件は、住宅ローンが支払えなくなった際にローンと相殺されるためのものです。それで、担保物件の評価が低いのに対し借り入れ希望金額が多い時...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ